格安SIMの基礎知識

格安SIMで携帯代が安くなる仕組みについて解説しちゃいます

格安SIMにしたら、本当に携帯代が安くなるの~?
最近、MVNOってよく見るけど、格安SIMとどういう関係があるの?
順番に説明していくね!

今や大手通信キャリア(MNO)に代わり、MVNOと呼ばれる格安SIMを販売する通信キャリアが増えています。

増えている理由は、格安SIMには安くなる仕組みがあって、参入しやすいからです。

格安SIMを契約して、携帯代を安くしたいという人が多いですが、仕組みがわかっていないし、MVNOがそもそも何かわからないから契約するのが不安という人が多いと思います。

この記事はこんな方におすすめ

  • そもそも格安SIMってなに?
  • 格安SIMとMVNOって、どう関係あるの?
  • 格安SIMが安い理由を知りたい


今回は、初心者向けに「格安SIMの仕組み」を説明した上で、格安SIMを選ぶ際のポイントを紹介したいと思います。

格安SIMってなんだろう

SIM(Subscriber Identity Moduleの略)は、スマートフォンに挿入されているICカードのことで、SIMカードと呼ばれています。

新規でスマホを契約すると、通信キャリアからSIMカードが発行されます。

SIMカードには、加入者識別番号電話番号といった契約者の情報が埋め込まれています。

このSIMカードを挿入しないとスマートフォンで電話、SMS、インターネットを使用できません。

普段、スマートフォンで通話やインターネットができるのは、SIMカードのおかげなんです。

これに格安が加わると格安SIMになります。

言葉は難しいかもしれませんが、役割は単純です。

MVNOの正体とは

SIMを契約すると、月額の利用料金がかかります。

いわゆる、機種代金を除いた携帯代というやつです。

昔は大手3社(ソフトバンク、ドコモ、au)がスマホとSIMをセットで販売していたのが、主流でした。

しかし、大手3社のSIMの利用料金が割と高いんです。

そこで登場したのが、MVNOです。

MVNO(Mobile Virtual Network Operator)は仮想移動体通信事業者のことで、大手3社より、安い値段でSIM(格安SIM)を提供しています。

ちなみに大手3社をMNO(Mobile Network Operator)と呼びます。

格安SIMの安い理由

なぜMVNOが販売する格安SIMは、安いんでしょうか。理由は2つあります。

  • 設備費がかからない
  • 人件費の削減

設備費がかからない

MVNOは、自分の基地局を持っていません。

では、どうしているかというと、通信に必要な設備を大手3社から借りているんです。

そのため、設備の維持費かかりません。

維持費がかからない分、安くSIMを提供できるわけです。

人件費の削減

多くのMVNOは、店舗を持たないで、インターネットで販売しています。

そのため、店舗に必要なテナント料、人件費などの削減できることになります。

これも、安い理由の一つです。

格安SIMの選び方

なんとなく、格安SIMやMVNOについてわかっていただけたかと思います。

では、次に格安SIMを選ぶときの大切なポイントを紹介します。

ポイント

  1. 回線の通信速度
  2. 料金プラン

1.回線の通信速度

格安SIMを選ぶまえに必ず、会社ごとの回線の通信速度を調べましょう。

私は外出先でYoutubeを見たりゲームをするので、なるべく通信速度が速い格安SIMを選ぶようにしています。

せっかく携帯代が安くなったのに、インターネットの通信速度が遅いとイライラしてしまっては格安SIMにした意味がないですよね。

ただ、Youtubeやゲームは利用しないで、インターネットで調べものをするくらいであれば、この点は、あまりこだわらなくても良いかもしれません。

各社の通信速度の比較はこちら

2.料金プラン

回線の通信速度が決まれば、料金プランを見ていきます。

今回はドコモ系のペンギンモバイルを紹介します。

ペンギンには3つのプランが用意されています。

用途に合わせプランを選ぼう

  • データ専用プラン:インターネットのみ利用可能
  • データ+SMSプラン:インターネットとキャリアのSMS(ショートメッセージサービス)が利用可能
  • データ+SMS+音声通話プラン:インターネット、SMS、通話が利用可能
引用元:ペンギンモバイル


例えば、インターネットもするし、通話するという人であれば「データ+SMS+音声通話プラン」を選びます。

料金は3.6GB1,600円/月~となります。

インターネットで調べものして、ときどき通話するくらいなら、これで大丈夫ですね。

もし、通話を頻繁にするのであれば「15分かけ放題オプション」を選ぶのもありです。

まとめ

私も格安SIMやMVNOってなんか難しそうだなあと思っていましたが、意外と意味や役割って簡単なんです。

ここを理解しておくと、携帯代を安くするために、格安SIMを契約するためのハードルはかなり下がると思います。

格安SIMを契約すれば、月3,000円~5,000円も安くなり、今までと変わらずにインターネットが利用できるようになります。

この機会に、ぜひ格安SIMへの乗り換えを検討してみてください。

-格安SIMの基礎知識
-, ,

© 2021 40代の父親が家族で格安SIMに乗換えて節約するサイト Powered by AFFINGER5